VIPライナーマニア

VIPライナーに50回以上乗車した私が、その魅力の全てを解説します

東京⇔富山・金沢の夜行バスはVIPライナー!私がおすすめする7つの理由

 

みなさんこんにちは、夜行バスマニアのSCANTYです。

 

私が、東京と富山・金沢・高岡の夜行バスで最もおすすめするのが「VIPライナー」です。

今日は、私がVIPライナーをおすすめする7つの理由を徹底解説します。

※本文中の画像の一部は「VIPライナー公式サイト」より引用

 

 そもそもVIPライナーって何?という方は「夜行バス暦13年の私が最もオススメする「VIPライナー」を完全解説!」をお読みください。

 

▼予約はこちら▼

 VIPライナー公式サイト

 

VIPライナー

 

 

おすすめする7つの理由

 

座席がフルで倒せる

 

f:id:SCANTY:20171030194307p:plain

リクライニングがフルで倒せる

 

夜行バスの一番のネックは「寝れない」こと。

座席をリクライニングして横に近い状態になれればよいのですが、後ろの人もいるのでなかなか倒しづらい。。。

結局座ったまま朝まですごすことになります。

 

しかし、VIPライナーはリクライニングシートをフルで倒せます。

私がVIPライナーをおすすめする最大の理由がこれです。

 

VIPライナーのバスは、最後の乗り場を出発すると消灯時間になります。

この消灯時間になると「リクライニングシートをフルに倒してお休みください」との車内アナウンスが流れ、全員がフルリクライニングできるのです。

しかも、全員が同じタイミングで倒しますので、後ろの人に気を遣うことがありません。

 

もちろんミニ枕やブランケット、腰ピローなども用意されていますので、ゆっくり眠ることができます。

 

皮張りのふかふかシート

 

f:id:SCANTY:20171102183734p:plain

全席に革張りの高級シート採用


夜行バスのシートは硬く、長時間座っているのが苦痛な場合があります。

私は特にお尻が痛くなり、降車後も数日間痛いこともありました。

 

しかし、VIPライナーなら大丈夫です。

東京と富山・金沢・高岡を結ぶバスには、全席に革張りの高級シートが採用されています。

とてもふかふかで体を包み込んでくれます。

座っていても、寝た状態でも非常に快適です。

 

座席間にカーテンあり

 

f:id:SCANTY:20171030194458p:plain

2列席の間にカーテンあり


夜行バスに乗る場合、隣の席に知らない人が座ると気を遣いますよね。

しかし、VIPライナーには座席の間にカーテンがあります。

富山・金沢便は4列シートですが、その場合も2人席の間にカーテンを引くことができます。

 

これがあれば、隣の人の視界をシャットアウトでき、プライベートを保つことができます。

カーテン1枚とはいえ、隣の人を気にしなくて良いのは嬉しいですね。

 

充電設備・Wi-Fiも使える

 

f:id:SCANTY:20171028160354p:plain
f:id:SCANTY:20171102183515p:plain
充電・Wi-Fiも完備


VIPライナーはバスの設備も充実しています。

まずは充電設備。

富山・金沢便は全席にUSBコネクタが付属しています。

スマホやタブレットの充電もOK!

一日中使用したスマホを、バスで寝ている間にフル充電できるのは嬉しいですね。

 

もし充電ケーブルが無くても、乗務員さんに申し出れば充電ケーブルを貸し出してくれます。

 

また、Wi-Fiも無料で使えます。

  • 取引先にメールを返信したい
  • 旅行先のグルメや観光スポットを調べたい
  • 撮った写真をSNSにアップしたい

こんなときも、無料Wi-Fiを利用すればデータ通信量を気にする必要がありません。

  

モニター画面で映画が楽しめる

 

f:id:SCANTY:20171102184543p:plain

全席にモニター画面搭載

 

富山・金沢便には全席にモニター画面が付いています

このモニターで、映画やお笑いコンテンツが楽しめます。まるで国際線の飛行機のようですね。

 

長時間乗るバスではどうしても手持ち無沙汰になってしまいます。

でも、モニター画面があれば暇になることは無いですね。

むしろ途中で終わってしまうので、もっと乗っていたかったと思うかもしれません。

ちなみに、ヘッドホンも貸し出してくれますので手ぶらで大丈夫です。

 

無料で豪華ラウンジ利用可

 

f:id:SCANTY:20171023190933p:plain

 

夜行バスは乗る前・降りた後も大変です。

乗る前には、夏は暑く冬は寒い乗り場でバス到着まで待たなければなりません。

バス会社合同の乗り場もありますが、待合室は大混雑していて椅子に座れないこともしばしば。

 

しかし、VIPライナーは違います。

東京から乗車する場合には、東京VIPラウンジと呼ばれる待合室が設けられています。

ここで乗る前や降りた後に時間をつぶすことができるんです。

 

この待合室がとにかくすごい。

時間をつぶすだけの、簡易のプレハブ小屋みたいなのを想像してはいけません。

めちゃくちゃ豪華なラウンジを、バスの予約者は無料で使用できます。

 

f:id:SCANTY:20170102152817j:plain

大画面のテレビ

 

f:id:SCANTY:20170102152820j:plain

女性に嬉しいパウダールーム

 

f:id:SCANTY:20170102152822j:plain

更衣室で着替えてからバス乗車

 

f:id:SCANTY:20170102152825j:plain

無料でお茶やコーヒーも飲める

 

f:id:SCANTY:20170102152827j:plain

私が毎回使用する足裏マッサージ(無料)

 

f:id:SCANTY:20171023185109p:plain

無料でPCも利用可能

 

東京VIPラウンジにはシャワールームもあります。

25分500円で使用することができます。

タオル・バスタオルが無くても有料で貸し出してくれます。

  • フェイスタオル(33cm×79cm):¥100
  • バスタオル(67cm×132cm): ¥200

バスに乗る前にリフレッシュして乗るのも良いですし、目的地についてこれから遊びに行くぞと言う前にシャワーを浴びるのも良しです。

至れり尽くせりですね。

f:id:SCANTY:20171023184312p:plain

シャワーも利用できる

 

女性も安心の座席配置

 

女性の方には、夜行バスの暗闇の中で知らない方と一晩過ごすことを不安に思う方もいらっしゃるかもしれません。

座席間にカーテンがあるとはいえ、やはり男性が隣に座ることに不安を覚える場合もあるでしょう。

 

しかし、VIPライナーはそんな方にも安心です。

VIPライナーは、女性の隣は必ず隣になるよう座席を配慮してくれます。

隣が男性になることはありません。(通路を挟んだ隣が男性になる場合はあります)

女性に嬉しい安心のシステムです。

 

VIPライナー

 

▼予約はこちら▼

 VIPライナー公式サイト

 

乗降場と時刻表

 

関東・北陸の乗り場・降り場は以下の通りです。

東京駅・新宿といった主要都市以外にも乗降場があります。

自宅から近いところで乗れるのが嬉しいですね。

 

関東⇒北陸

  • 大宮(20:40)
  • 東京VIPラウンジ(21:45)
  • バスタ新宿(22:40)
  • 富山(5:00)
  • 高岡(6:00)
  • 金沢(7:00)

 

北陸⇒関東

  • 金沢(22:15)
  • 高岡(23:15)
  • 富山(24:15)
  • 新宿(6:25)
  • 東京(7:00)
  • 大宮(7:45)

 

予約は公式サイトがお得!

 

以上、東京と金沢・高岡・富山を結ぶ夜行バスで私がオススメの「VIPライナー」の解説でした。

上記を参考に快適な夜行バスの旅を楽しんでください! 

予約は「VIPライナー公式サイト」からどうぞ!

 

▼予約はこちら▼

 VIPライナー公式サイト

 

VIPライナー

 

<おすすめ記事>